読書

2017年01月31日

トンネルを抜けると次のトンネル。わずかな青空。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】<うつヌケ> (角川書店単行本)
田中 圭一
KADOKAWA / 角川書店
2017-01-19



こんな本を読みました。
正式には、電子版を買ったので
Kindle版をあいぱっどで読みました。
作者は、いろいろな漫画家のタッチを
完全にマネ?できる
稀有な才能を持つ漫画家で
サラリーマンとの二足のわらじを
長い間続けてきた人です。
いろんな方の
うつからの帰還の体験談集であり、

まあ、パンダは
病名は鬱ってつけられてはないけど
似たようなもんなので
非常に参考になったと言うか
そっか、そう言う感じだよなー
と言うのが手に取るように、
伝わってきたと言うか
わかったと言うか。

おー、みんな似たように
感じてるんだなって。
少しラクになりました。

やっぱり時間なのかあって感じ。
いま、やっと、頑張らないで
のんびり行こうって
言う感じになってきたので
そのための鎧?
気持ち?
を作らないといけないですね。
動けなくなって休むのは
非常にラクな措置ではあるんだけど
こっちは、ラクになれないんだよね
って、グチ。
人のせいにはしてないよ。
立場変われば、
まあ、しなくちゃいけないことが
あるわけですしね。

でも、今のパンダは
まだトンネルの中で
上越新幹線の途中みたいに
トンネルが次から次へ
続いている感じです。

この本を読んで
チカラ抜けた気はします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月23日

映画秘宝を買いました。

パンダっす。

寝しなに一つ。
毎月、映画秘宝っつう雑誌を
購入しています。
ちなみ、今月は土曜日に。
表紙はダース・ベイダー卿だよ。
もう、何年になりますかねえ。
ムックの頃から買っているので
もう、相当なものでしょう。

パンダが好きで
買い続けてる雑誌のほとんどが
休刊してしまいまして
特集によって
買うことがある雑誌は
ミュージックマガジン
レコードコレクターズ
TV Bros.
ロック画報(これ、雑誌なのか?)
MacFan
の5誌
気が向いたらブルータスも、かな。
(最近ほとんど気が向かないが) 

毎号、買うのは
映画秘宝だけとなっております。 
前は、サイゾーっていうのも買っていたのですが
なんか、病気がひどくなってから
興味が失せてしまい
読まなくなってきてので
買わなくなりました。
創刊号から買っていたのになあ・・・。
wired日本版から始めると
(今のwiredとは別雑誌)
あの雑誌 、何年買ってたんだろう。
ちなみに、今をときめく落語家である
林家たい平師匠と
春風亭昇太師匠が若き日にやっていた
HANAO という連載もありましたな。
ちなみにコーナーの表紙が
HANAKOそっくり(ケン・ドーン?)
のイラストー多分、たい平師匠の手による 
でした。

と、くだらない話で終わりです。
今日は、今までの宿題だった
スーサイド・スクワッドを見てきます。
異常なほどに話題になってないこの作品
一体どんなものなんでしょうねー。 
早朝1回目というとっても素晴らしい編成。

それでは、皆さんおやすみなさい。
(🌀え🌀) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月29日

読了。(個人的メモ)

パンダです
橋爪大三郎さんの
「世界がわかる宗教社会学入門」(文庫版) 読了しました。
大学の授業のレジュメを中心にして
書籍化されたみたいです。
自分が、宗教に対して熱心な態度ではないので 
逆に、昔から宗教に興味があって
乱読で簡単そうな本を読んできていて
その中の1冊となるのですかね。
(橋爪大三郎さんの著作は、他には対談集とかを
 読んだ記憶があります。)
昔、バブルのせいか何なのか
精神世界ブームみたいなのもあって。
(あの教団もいろいろお騒がせで)

わからない人、別の世界に対して
非常に興味があるだけなのでして。
それに宗教も含まれてる、と。

仕組みをよくわかっていないと
不本意に、はまってしまったり
不用意に否定してしまったりするから。
それは避けたいので。
基本的な知識として、って言うことで。

みんなが平和になれる世界が来ますように。

ルルル〜🎵 パンダです(🌀△🌀)




 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月15日

図書館返送

このあいだ図書館で借りた
市川崑
(犬神家の一族、東京オリンピック、黒い十人の女等の監督。
 敢えて子猫物語の協力監督とも)
のインタビュー集をとっくに読み終えていたので返しに行きました
あと、新東宝のムックも一緒に。(ポスター画像激アツでした)
(ちなみに、ウチの近所の図書館には図書隊はいないようです。)

ついでに、今日は
市川崑の奥様で仕事上の同志でもあった和田夏十
(わだなつと=脚本家)
についての本と、
偽史関係の本を借りてきました。
(偽史関係というか原田実ブーム!)
どっちもテキトーな厚さなので
テキトーな読み応えになりそうです。

なぜ?いま、頭の中が市川崑なのかはわかりませんが
また黒い十人の女(白黒)を見直したりしています。
そういえば知らず知らずに、たまたまやってた
女王蜂も最近、テレビで観たなあ。
(いや、テレビ版かな?曖昧)

エヴァンゲリオンのタイトルロゴが
市川崑の影響を受けてるのは、かなり有名らしいです。
あのでっかい赤とかのヤツね。
ご本人が語るには、
明朝体が好きなのでタイトルは明朝体を選ぶとか。
あとは、エンディングは「完」だったっけな。

パンダは、来たる東京オリンピックの映画も
市川崑が撮るとか夢想してたんだけど
それは叶わぬ夢となりました。

最近は、オリンピックの記録映画とかは作られないのでしょうか。
(北京オリンピックのとかあったら観たいです。)

あ、そういえば、むかーし、ピチカートファイヴのライブに
市川崑のお孫さんが出ていました。(オヤジのひとくちメモ)
未見ですが、小西さんが音楽担当してる作品もあるんですよね。
(オヤジのひとくちメモその2)

あっちこっち話が飛んでるような散ってるような。

あんなパンダこんなパンダでした。
(● ェ ●)
みなさま、よい週末を。ごきげんよう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月23日

こんなの読み始めました。


果たして完読するまで、
どれくらいかかるのか?
「完本 市川崑の映画たち」
(500ページだからそんなでもないか)
図書館で借りたのです。
買おうと思ったんだけど、
4,300円 という価格が。。
と、いうわけで、ありがたや図書館。
(住民税払っててよかった、、、のかな?)
本当は、ノドから前足、いや手が出るほど欲しいのだけど。

ちなみに、新東宝のグラフ写真集も
借りてきました。
今、興味のあるのが、新東宝。
自分の中に全く存在しない映画会社
知らず知らずに
テレビで見てる気もするけど 。

昔、映画の本って
読む意味あるのかなあって思ってたけど
最近になって
読みたいなあという気持ちが芽生えました。

逆に音楽の評論とかは疎遠に。
(音楽雑誌も、というか雑誌全般か)

キュキュキュッー。パンダでした。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月04日

江戸しぐさ3

元本ではないのですが、

話題の(もう、なってないか)

江戸しぐさ関係の絵本を読みました。

実は、トンデモ物件らしい「江戸しぐさ 」

「江戸しぐさから学ぼう」というこの本は、

ツッコマれてる部分に言い訳めいたことが書いてありますた。

江戸文化の紹介(真実)に嘘(らしい)を

巧妙にミックスってやつですか。よくある手法。

みんな江戸しぐさを心得てたら、喧嘩なんかなかったでしょうね。

平和で紳士的な大都会。なんてスマーート。てやんでぃ。

しかも、江戸って、地方からたくさん流入してたんでしょ?

田舎者は、馬鹿にされたのかな?

あいつ、田吾作だから、江戸しぐさできやしねえとか・・

それと、火事と喧嘩は、江戸のはなって、、あれ? あれ?
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月28日

くせ。癖 曲 臭え

昔、というか今もですけど
寝る前に、寝床で本を読み
読みながら眠りにつくというのが
おいらの幸せな眠り方。

本は、なんでもいいんだ。
買ったばかりで、読んでないやつだと
やめられなっくなって、寝やしないので
好きだけど、何度も読んだやつ
っていうのがいい感じ。
これは、活字っていうのが大切で
漫画だとなんか眠れねえんすな、また。
最初、漫画→活字という流れはあるかな。
(漫画は大抵、清野とおるのやつだね、最近は)

最近は、本来の睡眠機能が、ぶっ壊れてるので
本を読んで眠りにつくなんて
あんまりないのが悲しいところですが。

それでもやっぱり本は読んでしまうのです。

ここのところは
柳下毅一郎の映画殺し屋稼業 が多いかな。
黒いのと黄色いのと。

何度も読んでるんだけどねぇ。

それ以外だと、
謎?の戯作者
パオロ・マッツァーリノのとかかな。

ちゃんとした小説とかってあんまり読まないんだよな。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)