20201120−120201125「本人の過失によるパワハラで完結させようとしている職場の傷害事件とその後 その2」

2020年11月25日

20201124「本人の過失によるパワハラと完結しようとしている職場の傷害事件とその後 その1」

前段階
20201120の昼のこと
仕事先の話です。
長い間付き合ってあげてたけど
その日は、
同僚のいじりが、度を越したので
その旨を伝えると
相手が、逆ギレして罵詈雑言
趣旨とは関係の話で
捲し立ててきた。
無意識だろうけど、
立ち上がって話始めたので
マウンティング?
診断状の上では、PTSD持ちなので
そこで、発作が発動。
身体も頭も完全フリーズ

その次
事件が終わったのを見計らって上司が入ってきた
この時点で、上司に失望。
完全フリーズ(辛うじて歩けた)直後なのに
上司の聞き取りが個室で。
発作中に話せるわけないし
話せたとしても、
こんなホットな話題、話せるわけもなく
1時間くらい?個室で無言、無反応で終了。
時間の感覚もなく
食欲も湧かず。
フラッシュバックと発作で混乱
混乱期が過ぎ、冷静になると
怒りと自己否定感と離人感で
人間としては、機能不全、戦闘不能状態に。ゆうきたkki

その次
夕方、家について、怒り絶頂。
アンガーマネージメント、まだ会得できてない
アサーティブな思考もできず
リワークで習ったこと一つも実践できず。
復習しなくちゃだな。
上司に「謝罪がなければ許さない」旨を
電話で伝え
少し時間があいて
上司経由で本人と会話
本人もホットな気持ちだったらしく
ふざけたトーンで簡単な謝罪。
その後、「一生話しませんから話仕掛けないでください」発言。
今、考えると、多分、謝罪のできない人なんだけど
その時は、仕事先で完全孤立になるな、という思考になる。
この件(くだり)は、帰宅直後の時間に行われました。
この1件で精神状態は、最悪に。
上司も指導したって言っても理解してなさそうだし。
閉塞感と孤独感と離人感も乗っかって、最悪の状態に。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 07:49│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
20201120−120201125「本人の過失によるパワハラで完結させようとしている職場の傷害事件とその後 その2」

<$HeadSectionCommon$> <$CommentForm2$><$CommentsList$>