2017年04月20日

ありがとうございます。パンダです。4/20

どうもありがとう、パンダです。

さて、珍しく1日なんとなく
会社で過ごすはずの
パンダでしたが。

急に人事の人が来ることになったんですわ。
前に、出した
「新しい症状」の診断書の扱いが
主治医と産業医でわかれてる、と。
そもそも診察もしない産業医が
その判定を覆すほどの論拠があるのかは
不思議なんですけども。

実際、症状を見てる人の診断書を
否定してるんですよね?
それじゃあ、意味なくない?
なんか、結論ありきな匂いもしますけど

それで急遽、面談だって
面談するってことはさ、
何か意図があって、それを円滑にしたいってことでしょ?
今まで何回か休んだけど、そんなことなかったし
なんかのチカラがね、あるんでしょう。
面談って言っても
雰囲気的には(ってテレビでしか見たことないけど)
取調べみたいな感じ。
二人組で、こっちは孤立無援だし。
目の前の、「休職」を餌にして
なんかそれを繰り返してましたわ。
別に休みたいとかじゃなくて、
職場で書類を揃えるように、という前段階があったんで
やったんですけどねぇ。
よほど気に入らなかったのかな。
メンタル!って言っちゃうと
同じ括りだけど
反応は違うわけだからねえ
なんども主治医に確認してるんですけど
発展系じゃなくって
別のものだということでした。
ので、そういう流れなんですけどね。
しかも、第三の眼で判断を
って自分のいいような結果にしたいだけじゃんか。
自分の都合のいい医者にして
結果を2対1にしたいだけだろうに
と、そのとき少し思ったんですが
「もちろん、パンダさんと主治医さんの了承を得て、ですが」
と言っていたので信用して、オッケー出しました。
ったく、ずるいよなあと思いつつ。
その後、ボスの面接を受け、
自分はポンコツであり、戦力外である
と、いう言葉しか思いつきませんでした。
終わると
時間も遅くなり
バスで駅までどんぶらこ
電車でトコトント
帰りました。
で、そういう日に限って用事が山積みだったんで
全部こなして帰る、と21時だす。
で、体調崩しちゃうんだけどさ。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字