ポンポコカウンセリング日誌1・24パンダ発情期。

2017年01月25日

イタシカユシ。ガブッ。

ども、パンダです。

こないだ、ライオンの体を洗って
飼育員が負傷した事件がありましたです。
湘南なんちゃらってとこですね。
あれは、なんとか象の国とも
関係があるのでしょうか。
割と、立地が近いもんね。

動物のプロダクション・・・
動物の役者さんってことですね。

犬とかなら、調教できると思うんだけど
ライオンとか象とかさ、
その他諸々の動物の調教ってやっぱし
・・・・・・してんじゃないの?
とか勘ぐってしまうのです。
そもそも、本物のライオンを使うって・・
まあ、言いたかないけどさあ、
アチラの国では、ほとんどの動物が
CGですよ。
動きは人間がつけたりもあるだろうけど。
ちゃんと、動物を虐待してませんって
エンドロールに出ますよ?
日本の映画で動物が出ているのを
見たことないんだけど
そういうのって出るんでしょうかねー。

なんちゃらプロダクションが幅を利かせてるってことは
言えない事情もあるかもね。
まあ、伝説のチャトラン方式とかね。

でね、そういう想像をしてしまうと
可愛いとかね、まあ、演技すげーなーと思うけど
そこはムズムズするんですよ。
動物園だってそうだよ。
動物見るのとっても好きなんだけど
(パンダの場合は、かわいーとかじゃなく
 ちゃんと、尊敬の念を持って動物を見るのです。
 だから、カバを30分とかペンギン1時間とか
 平気で見てますよ。だから周りきれないこと多し)
檻に入れられちゃってるじゃない?
少なくとも自由は制限されてて。
たまに、芸をさせられちゃってて。
そこは、本当にムズムズするんですよ。
嬉しいのとなんか悲しい気持ちが
ごちゃごちゃになるのです。
動物園を否定する気は毛頭無いのです。
動物園行って、そりゃあ楽しいのです。
しかし、
ムズムズした感情からは逃れられない。
という矛盾を抱えているのです。
あー、自分勝手。
動物を飼ってみたい、でも、自由が一番だろうなあ
って思ってるのです。
人間のエゴ?かもしれんけど。
まあ、キレイゴトですわな。

昔、愛知のモンキーセンターに行った時に
ベンチがあったんだけど
そこの周りには檻の半分があって。
ちゃんと「ヒト」ってプレートが出てるんだよね。
それにはクスクスって感じでしたけどね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ポンポコカウンセリング日誌1・24パンダ発情期。

<$HeadSectionCommon$> <$CommentForm2$><$CommentsList$>