映画乾燥機〜この世界の片隅におやすみソング

2016年12月14日

ミギガカラヒダリ。ヒダリカラミギ。(加筆あり)

ども、パンダです。

少し、前にL⇔Rの
黒澤健一が亡くなってしまいました。
最初は、Lefty in the Rightとかって
バンド名だったような。
(左利きの真実みたいな感じ?
 左利きが正しいってこと? )
渋谷系がハード渋谷系に移行していく
そんな途中に登場したバンドでした。
思えば、ミスター・チルドレンを
凌駕するバンドになり得たバンドだったかも。
デビューは、ちょっと遅いのかな。
ヒット曲も数曲ありましたかね。
渋谷系の杉真理みたいな
良質な音楽を作っていたバンド。
一時は、嶺川貴子も在籍してたりして
あ、嶺川貴子さんっていうのは、
森高千里の高校の同級生で
カヒミ・カリィと一緒にユニットやったり
コーネリアスの元嫁だったりする人。
渋谷系の中心にいた人の一人ですね。
今も、音楽活動してるのかな。
音楽的にいうと日本の音響系の走りですね。

と、いう話は関係なく
好きなミュージシャンがどんどん亡くなっていくなあ、と。
今年は、ザバダックの吉良さんも。
そのぶん、自分も歳とってるってことなのか。
L⇔Rの黒澤さんの場合は、特に若すぎますけど
吉良さんも若かったし。
とにかく若いミュージシャンの訃報が続いたな。
訃報のたびに音楽とともに自分の思い出も・・。
で、引っ張り出して聴き直すんだけど。

いつかは、誰にもそういう瞬間が・・。
神様は平等だから。

ただただ時間の経過を思うしかないんだけど。

と、FNS歌謡祭を見つつ、書いてます。
90年代以降の日本の音楽史を
まとめている人っているんだろうか。
80年代の前半までは
ようやく、という感じで。

初めて、L⇔Rの曲で聴いた曲。
なんかのコンピに入っていたんだっけか。
これで、すっかりハマりました。



 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
映画乾燥機〜この世界の片隅におやすみソング

<$HeadSectionCommon$> <$CommentForm2$><$CommentsList$>