今日も恋するパンダ。

2012年05月12日

k-pop

今から何年前になるだろう。
 韓国旅行に行ったときに、映画「love letter」が韓国で、日本の映画としては初めてに近い感じで上映されてました。街に、大きな中山美穂の(似ていない)絵看板があったのを覚えています。
 そして、通りには、日本の歌手の(海賊盤)CDを売る屋台があったりして。

 そして、日本では、香港のスターが、カリスマチックに伝えられてて。ファイナルファンタジーかなんかのイメージソングをうたってた。

 輸入盤CDで、アジア、となると大体は台湾か香港のものだったような。(台湾のCDっておまけいっぱいついてるんだよな)韓国のポップミュージックなんてほとんど見かけることはなかったな。李博士なんていうポンチャックのおじさんが石野卓球かなんかの解説つきでリリースされた位しか記憶がない。

 今ではどうだ?
 聞いてて面白くもないし、特徴もないけどそこそこ可愛い(かどうかは。。)人が集団となったグループによるK−POPが席巻してることになっている。このへんのカラクリを解説してる人もいるけど、ここではやりませんけど。
 
 K-POP=韓国のポップなんだろうか。韓国でも面白い音楽をやっている人が絶対いると思うのだが。韓国はロック禁止令でも出てるのかね?クラブ系のDJもいないのかね?敢えて、KーPOPを聴く理由が見つからない。
 (今いわれる)J−POPと同じようなもんだね。消耗品でしかない。ここ数年の音楽シーンは砂漠のようで泣きたくなるね。
 
 iTunesで韓国のspinELっていうひとたちのを聞いたけど、そこそこよかったかな、それは。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mecha_panda at 16:53│Comments(0)TrackBack(0)音楽 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日も恋するパンダ。

<$HeadSectionCommon$> <$CommentForm2$><$CommentsList$>